学生ローンと教育ローン

学生ローンと似たものに教育ローンがあります。教育ローンというのは国や民間の銀行が行なっているローン融資のもので、基本的には学生ではなく保護者が借り入れを行うものです。

成人した人がローンを受けるために、借り入れをすることのできる金額も大きくなります。学生ローンが融資限度額が50万円であるのに対して教育ローンは限度額が生徒・学生につき300万円までとなっています。そして、利息についても教育ローンはとても低く2パーセントから3パーセントほどです。さらに国の教育ローンならば生活状況に応じて利息は優遇されることもあります。
お金のイラスト
さらに似たようなものに奨学金があります。奨学金は同じように利息が低く学費や学生の生活資金のために借り入れをすることができますが、学生本人が借り入れて連帯保証人が保護者となります。しかし、卒業後に学生が返済していくというのが一般的です。教育ローンは借り入れる人も返済する人も保護者ですが、卒業後は学生本人が返済するということもあります。

中長期的に学費を借り入れることとなる場合や借り入れをする金額が大きくなる場合には、学生ローンよりも教育ローンや奨学金を活用するほうがニーズに合っているという場合もあります。

学生ローンの利用方法

学生ローンの利用する方法についてですが、まずはインターネットでの申し込みをします。電話での申し込みをすることができるところもありますが、信用情報の取り扱いの同意書が必要であるために同意書のメール送信だけは必要ですから一度に全てが終わるようインターネット申し込みの方が効率が良いと言えます。

そのあと、電話審査を受けて必要書類をメールやファックスで送り、審査に通れば銀行口座に借入額が振り込まれます。電話審査については、人に聞かれてたくない人も今牛、学校やアルバイトの都合で出られる時間に限りもあるものです。そこで電話希望時間を申し込み時に記載すればその時間に電話審査を受けることができます。

少額の借入からができるために、借りすぎてしまったり返済ができなくなってしまったりという危険性は少ないです。しかし、学費によっては大学の授業料のような半期に一度数十万円を支払う場合、その全てを学生ローンで借り入れることは難しいです。

学生ローンは限度額が50万円と定められていること一度借り入れをすると増額や追加借り入れの申請をすることができず、そのローンは返済専用に切り替わります。そのため、大学での学費を捻出するとなると学費の一部をローンで借り入れることをイメージして借りること、半期や一年かけて返済してその度に新しく借り入れることをイメージして借り入れることになります。