学生ローンを利用する

長引く不況の影響で、社会経済はお金を使わせようという風潮があります。お金を使う人がいて経済が循環しなければ不況の状況を変えることができないためです。そのため、銀行の預金金利を低くして預けるよりはお金を使ったり資産運用をした方が良いという考え方が広まったり、住宅ローンの金利引き下げを行い金利が低いうちに家を購入しようという動きが取られていたりします。この流れと同じように、クレジットカードでの分割の買い物をしたり、消費者金融でお金を借りたりという風潮もできています。

お金が逃げる消費者金融でお金を借りるということは絶対してはならないことのようにずっと思われてきました。お金を借りれば法外な利息がつけられてしまい、どれだけ返済しても利息がついてしまい元金が減らず長期の返済になってしまう印象も強かったですし取り立てもすごく怖いもののイメージが強くありました。しかし、今では貸金業法に則って運営をしている消費者金融が大多数ですし、大手であればそのようなことはしません。そのため、昔よりも安心して借り入れをすることができています。

このようにお金を借りやすい風潮ができたことで、様々な人が様々な理由でお金を借りるようになっています。その中の一つとして学生が学費を支払うために学生ローンを組むという場合もあります。ここでは、学生ローンを組む前に知っておきたい学生ローンを組むことのメリットやデメリット、消費者金融の選び方を紹介していきます。