学生ローンと教育ローン

学生ローンと似たものに教育ローンがあります。教育ローンというのは国や民間の銀行が行なっているローン融資のもので、基本的には学生ではなく保護者が借り入れを行うものです。

成人した人がローンを受けるために、借り入れをすることのできる金額も大きくなります。学生ローンが融資限度額が50万円であるのに対して教育ローンは限度額が生徒・学生につき300万円までとなっています。そして、利息についても教育ローンはとても低く2パーセントから3パーセントほどです。さらに国の教育ローンならば生活状況に応じて利息は優遇されることもあります。
お金のイラスト
さらに似たようなものに奨学金があります。奨学金は同じように利息が低く学費や学生の生活資金のために借り入れをすることができますが、学生本人が借り入れて連帯保証人が保護者となります。しかし、卒業後に学生が返済していくというのが一般的です。教育ローンは借り入れる人も返済する人も保護者ですが、卒業後は学生本人が返済するということもあります。

中長期的に学費を借り入れることとなる場合や借り入れをする金額が大きくなる場合には、学生ローンよりも教育ローンや奨学金を活用するほうがニーズに合っているという場合もあります。